キャンセルについて知っておく

太陽と飛行機

キャンセルについて知っておく

せっかくチケットを購入したけれど、当日急な用事が入って行けなくなってしまった、病気になってキャンセルしなければいけなくなったという場合もあるでしょう。人によっては数日前にキャンセルしたいと思うこともあります。このようなとき、どのようにキャンセルするのかを知っておけば安心です。

主なキャンセルの方法

ウェブサイト
格安航空券を購入したのはよいけれど、急にキャンセルしなければいけなくなった場合には、どうすればよいのでしょうか。まず料金を支払う前にキャンセルが必要になった場合には、そのまま料金を支払わないでおけば、自動的にキャンセル扱いになるので、特に連絡をする必要はありません。

お金を支払ってしまった場合には、営業時間内に連絡をしなければいけません。問題なのはどこに連絡を入れるのかという点なのですが、購入したサイトの管理会社に連絡を入れるのか、チケットを購入した航空会社に連絡を入れるのか迷ってしまうこともあるとでしょう。

このような場合には、通常サイトによって異なるのが一般的です。航空会社に連絡を入れてほしいと言われることもあれば、購入したサイトでキャンセルの受付ができる場合も多くなっています。インターネット上でキャンセルができる場合も多いので、購入する前に必ず確かめておきましょう。

キャンセル料について

格安航空券であっても、キャンセルをすれば料金を取られるのが一般的です。ここで注意しておくべきことは、台風などで飛行機が欠航した場合には、一切キャンセル料は必要ありません。全額購入者の手元に戻ってきます。次に自己都合でキャンセルした場合ですが、利用日の何日前なのかによって変わってきます。

また、キャンセル料金は航空会社によっても変わってくることがあるので、自分が購入した航空会社のホームページで確認をしておきましょう。また、当日のキャンセルは、前日や前々日のキャンセルよりも、手数料を多く取られてしまうのが一般的です。

そのため、できるだけ早くキャンセルの手続きをすることで、より手元に戻ってくる料金が高くなります。なぜキャンセル料を取るのかというと、もし予約をしていなかったら、別の人が予約できた可能性もありますし、手続きなどの手間もかかっているからです。

手元に戻るまで時間がかかる

格安航空券をインターネットから購入した場合には、キャンセルの手続きをしたとしても、その場で払い戻されるわけではありません。手元に戻ってくるまでには、20日から30日程度かかるのが一般的です。

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP

Copyright © 2017 旅行に仕事、部活まで。用途いっぱいの格安航空券 All Rights Reserved.