家族で利用する場合の料金について

太陽と飛行機

家族で利用する場合の料金について

格安航空券は使用用途を問わないので、どのような目的で飛行機を利用する場合であっても購入が可能です。もちろん家族旅行でも利用することができるのですが、料金については複雑になっている場合もあるので、事前に確認をしておきましょう。

子供の料金について

首をかしげるシルエット
家族旅行をする場合、大人だけであれば特に問題はありません。しかし、子供を連れて飛行機を利用したい場合もあるでしょう。この場合、料金がどのようになるのかを知っておく必要があります。通常は大人料金と共に子供料金が設定されています。

子供料金は、大人の料金の半額になっているのが一般的なのですが、格安航空券を利用する場合にはどのようになっているのでしょうか。実は利用する航空会社によって、若干料金が異なっているのです。もちろん大人料金の半額に設定されている航空会社もあるのですが、中には子供料金の設定がなく、大人料金での利用となる場合もあります。

通常子供料金の年齢というのは、3歳から11歳になっていることが多いでしょう。この年齢は満年齢になっていることも多く、幼稚園生と小学生が対象となっています。ただし、小学生でも12歳になったら大人料金という場合もあるので、このような点もきちんと航空会社に確認をしておきましょう。

2歳児以下の料金

鉄道やバスの場合には、通常2歳以下であれば無料となっているのが一般的です。ただし、2人いる場合には子供料金を1人分支払うというのが普通なので、日本全国鉄道やバスはこのような料金になっています。では、格安航空券を利用する場合にはどうなっているのかというと、2歳以下の子供が1人だけでも幼児代金を支払う必要が出てくることもあるのです。

これも航空会社によって変わっているので、中には親の膝に乗るということを条件に、無料になっていることもあります。1人分の座席を乳幼児2人で利用する場合には、子供料金が必要になるケースも多いでしょう。

2歳児以下であっても、3歳以上の子供であっても、航空会社によって料金形態が異なっているため、必ず利用前の確認が必要になります。チケットを販売しているサイトでも質問ができるようになっているので、必ず問い合わせをしてから購入するようにしましょう。そうしないとトラブルの原因になります。

割引運賃の場合もある

子供料金は通常の半額というのが一般的なのですが、航空会社によっては割引料金になっていることもあります。半額ではなく若干割増しになっているケースもあるので、申込み前に確認しておかないといけません。

Similar Posts:

    None Found

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP

Copyright © 2017 旅行に仕事、部活まで。用途いっぱいの格安航空券 All Rights Reserved.