格安航空券を利用したときの領収書

太陽と飛行機

格安航空券を利用したときの領収書

飛行機は旅行で利用するだけではありません。仕事で利用することもあるでしょうが、仕事の場合には通常料金は会社が支払うのが一般的です。このような場合には、領収書を発行してもらうのが普通なのですが、領収書の発行も可能なのでしょうか。

領収書の確認方法

領収書
格安航空券を利用した場合、領収書はどのように発行してもらうのか気になる人も多いでしょう。今回はインターネットの航空券購入サイトを利用した場合、どのようにして領収書を発行してもらうのかを解説します。まずは領収書の確認方法ですが、入金を済ませると必ず確認のメールが送られてきます。

送られてこない場合には、必ず確認をしましょう。この際に送られてくるメールに、領収書を確認できるURLが記載されています。このURLにアクセスすることで、領収書の確認ができるようになるのです。よってこの確認のメールが領収書代わりになります。

もし領収書の提出が必要であれば、この確認ページをコピーしておけば問題はありません。ただし注意点もあります。それはメールアドレスを登録をしておかないと、確認メールに領収書が記載されていない場合があることと、振込手数料に関しては、領収書には記載されていないという点です。

領収書の代わりにできる物も存在する

レシート
領収書の発行が必要な場合には、通常メールに記載されているURLをコピーして使用するのですが、他にも領収書の代わりになる物を発行してもらうことが可能です。それは格安航空券の販売を行っているサイト側に発行してもらうのではなく、料金を支払った金融機関から発行してもらう方法です。

銀行振り込みを行った場合には、振込依頼書や払込受領書が領収書の代わりとなります。コンビニエンスストアで支払いを行った場合には、必ずレシートを受け取るでしょうが、このレシートも領収書として使用することができるのです。クレジットカードで支払った場合には、利用明細書が領収書として使用できます。

利用するサイトによっては、領収書などを別途発行してもらうことが可能な場合もあるので、問い合わせてみましょう。これらの方法は全て税務署で領収書として認められているので、確定申告のときに一緒に申告して問題ありません。

会社側で行ってくれることもある

通常飛行機を出張で利用する場合には、事前に会社で予約をしてくれることもあります。急な出張などでない限り、会社側が予約をしてくれるということは、領収書も会社側がきちんと受け取っているということでもあるのです。自分が管理職でない限りは、特に気にすることはないでしょう。

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP

Copyright © 2017 旅行に仕事、部活まで。用途いっぱいの格安航空券 All Rights Reserved.